ことばを食する

くーの、極めて私的な読書覚え書き。誰かにお薦めできると思った本を取り上げます

ベストセラーチェック

「反日種族主義 日韓危機の根源」がトップ 〜月間ベストセラー・2019年11月期

最悪と言われる日韓関係が続く中、2019年11月期のベストセラーが発表されました。「反日種族主義 日韓危機の根源」が初登場でトップ。韓国の歴史認識の誤りを直裁に指摘し、本国で話題になった本の日本語版です。徴用工や慰安婦、竹島問題などについて、韓国…

「鬼滅の刃」が強い 〜月間ベストセラー・2019年10月期

書籍の取次大手、トーハンが2019年10月期のベストセラーを発表しました。1位と3位が「鬼滅の刃」シリーズと、今月は圧倒的な強さです。2位に食い込んだのが、伊集院静さんの「大人の流儀」シリーズ9冊目。これもシリーズ累計200万部に迫る、息の長いエッセイ…

今夜は手抜きレシピで美味しく 〜2019.9.25 週間ランキング

今週は樹木希林さんの「一切なりゆき」がトップに返り咲き、9位の「この世を生き切る醍醐味」と2冊がベスト10入りです。特に「一切なりゆき」は年間ベストセラーに向けて突っ走っていますね。本のタイトルも上手く付けてあります。「この世を生き切る醍醐味…

腐女子の次は、裸一貫! 〜2019.9.18 週間ランキング

「裸一貫! つづ井さん」が6位に初のランクインです。ジャンルでいえば「コミックエッセイ」というらしい。ツイッターで人気になって書籍化された「腐女子のつづ井さん」シリーズの新展開。腐女子の次は、裸一貫!になったようです..。作者はもちろん「つづ…

湊かなえさん「落日」がランクイン 〜2019.9.10 週間ランキング

4位に湊かなえさんの「落日」が入ってきました。文芸書は、4週間ぶりのベスト10入りです。「おしりたんてい ラッキーキャットは だれの て に!」が相変わらずの強さでトップを譲りません。2位の「大家さんと僕 これから」も、7月末からずっと売れ続けている…

9月、読書の秋到来....なのですが 〜2019.9.3 週間ランキング

気づけば9月、旧暦なら「長月」です。今年の中秋の名月は9月13日。中秋の名月は旧暦8月15日の月を指し、これを愛でる習慣は平安時代に中国から伝わったそうです。ちなみに天文学的な満月は、翌14日になるとか。 秋の到来です。読書の秋はもちろんですが、新…

1位は、おしりたんていの新刊 〜2019.8.27 週間ランキング

強いですね、おしりたんていシリーズ。新刊の「ラッキーキャットは だれの て に!」が出れば、たちまちベストセラーのトップ。今回も「ププッ」っと、事件を解決するのでしょう。幼児向けの、読み聞かせに適したシリーズなので、おならの音が「おしりたんて…

2位に「天気の子」 アニメノベライズが強い 〜2019.8.20 週間ランキング

落ちないですね「大家さんと僕 これから」 。4週連続のトップです。9位の「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」は初のベスト10入り。2位「天気の子」の新海誠さんは、あの大ヒットアニメ映画『君の名は。』を制作した監督です。映画は新海さん自ら…

分断社会 実感していますか? 〜2019.8.14 週間ランキング

トップの「大家さんと僕 これから」以下、4位までの順位に変動はありません。9位 に橘玲(たちばな・あきら)さんの「上級国民/下級国民」が初のランクインです。 「上級国民/下級国民」は、分断が進む日本社会を分析した小学館新書です。バブルのころ「1…

4位に浜崎あゆみノンフィクション 〜2019.8.6 週間ランキング

1位、2位は先週と変わらず。4位に小松成美さんの「愛すべき人がいて」が初登場です。小松さん、わたしにはサッカーを中心にしたスポーツのノンフィクションライターというイメージが強いのですが、この新作は少し気になります。 同じく初のトップ10入りした…

初登場2冊がワンツー・フィニッシュ 〜2019.7.30 週間ランキング

1位、2位はいきなりの初登場で、ワンツー・フィニッシュです。先週は文芸書のランクインだ目立って「この夏は小説か」と思った矢先の、やや驚きの展開でした。「大家さんと僕 これから」はベストセラーになった前作の続編。ほっこり系の感動マンガは、これが…

文芸書が熱くなってきた 〜2019.7.23週間ランキング

「もっとざんねんないきもの事典」が2週間ぶりにトップを奪回し、「希望の糸」とのせめぎ合いが続いています。4位の「夏の騎士」百田尚樹 さん、9位 「てんげんつう」 畠中恵さん、そして 10位の「さよならの儀式」 宮部みゆきさんは初のベスト10入りです。 …

トップに「希望の糸」、3冊が新たにランクイン 〜2019.7.17 週間ランキング

先週4位に登場した「希望の糸」がトップに躍り出ました。売り文句の一部を拝借すれば、「令和」初の東野圭吾さんの新作書き下ろしミステリーです。東野さんは息の長いベストセラー作家ですね。一時期、東野さんはけっこう読んだのですが、安定した力量を認め…

「もっとざんねんないきもの事典」がトップに 〜2019.7.9 週間ランキング

先週3位だった「もっとざんねんないきもの事典」が、一気にトップに浮上しました。これに引っ張られたのか「世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑」が久しぶりのランクインで6位に浮上しています。絶滅したいきもの図鑑の方は2018年7月、1年前の新刊ですか…

「一切なりゆき」がトップ奪回 〜2019.7.2週間ランキング

「一切なりゆき」がトップ奪回。2位の「ノーサイドゲーム」と3週連続の1位争いになっています。私は樹木希林さんの本、読んでいませんが、ここまで長期間のベストセラーとなると気になります。内容もですが、いまの日本人のどこに何がそれほど響くのか、知り…

「ノーサイド・ゲーム」がトップに 〜2019.6.25週間ランキング

先週、いきなり総合2位に食い込んだ「ノーサイド・ゲーム」が、春から盤石の売れ行きを見せてきた「一切なりゆき 樹木希林のことば」を抑えてトップに躍り出ました。文芸書が総合1位になるのは久しぶりです。私もさっそく読んで、レビューを投稿してあるので…

「ノーサイド・ゲーム 」一気に2位入り 〜2016.6.18週間ランキング

池井戸潤さん、さすがに強い。「ノーサイド・ゲーム 」がいきなり総合2位に食い込み、単行本・文芸書部門ではごぼう抜きのトップに登場です。私はまだ読んでいませんが、情報を探すと「経営戦略室から左遷された男、しかもラグビー素人がラグビー部を立て直…

梅雨入り、トップ10ほぼ出入りなし 〜2019.6.11週間ランキング

季節は梅雨入り。じめじめした日が続いています。私は降雪地域に住み、夏も雪が残る北アルプスの稜線を遠望して暮らしていますが、梅雨時期は雲に山並みが隠れてしまうのが残念。でも冬の雪と梅雨のおかげで、年間を通して豊かな水に恵まれているのはうれし…

3位にコミック「俺、つしま(2)」 〜2019.6.4週間ランキング

樹木希林さん、おしりたんていシリーズの2強は、今週も強いですね。特に樹木希林さんの「一切なりゆき」は、年間ベストセラーでも上位確定という感じです。 注目されるのが一気に3位にランクインした「俺、つしま(2)」。ネコを主人公にしたほのぼの系?コミ…

樹木希林さん 相変わらず強い 〜2019.5.28週間ランキング

先週2位、4位だった樹木希林さんの本が、今週はトップと6位を占め、これからもまだまだ勢いは続きそうです。新聞広告もけっこう出ていて、不況の出版業界にあって息の長いベストセラー、貴重なドル箱になっていることがうかがえます。 先週1位だった「おしり…

1位はおしりたんていシリーズ 〜2019.5.21週間ランキング

トーハンが毎週発表する週間ベストセラーをチェックします。ベストセラーランキングは各種発表されていますが、ここはやはり出版社と全国の書店を結ぶトーハンにします。 トップは人気の児童書・おしりたんていシリーズの新作なんですね。ハウツーものでなか…