ことばを食する

くーの、極めて私的な読書覚え書き。誰かにお薦めできると思った本を取り上げます

2019-05-29から1日間の記事一覧

哀しみは酒のように燃え 〜「喝采 水の上着」清水哲男

振り返ってみると、若いころはそれなりに恋もしました。本にも、人にも。なにしろ昔の話なので、恋した中にはもう本屋さんの店頭になく、注文しても絶版という本が珍しくありません。 「喝采 水の上着」(清水哲男、深夜叢書社、1974年)も、そんな1冊。詩集…