ことばを食する

くーの、極めて私的な読書覚え書き。誰かにお薦めできると思った本を取り上げます

さまよう 魂の明滅 〜「日本詩人選8 和泉式部」寺田透

 7月も半ばになれば、ゲンジボタルからヘイケボタルに移り替わる時期です。ゲンジボタルは大型でゆったり舞い、強い光で明滅します。わたしの住む地域なら6月中旬以降、主に里山の沢で見られます。ヘイケボタルは小型で、青白い明滅も早く、はかなげ、やはり山あいの水田地帯に飛び交います。

 小学生のころまで、近くの水田にも蛍が飛んでいて、つかまえては部屋にはなして眠った記憶があるのですが、日本社会は市街地近郊で久しくそんな自然環境を失ってしまいました。ただ蛍の季節になると毎年、わたしの中によみがえる幻想があります。

 夕暮れからやがて闇に覆われようとする清流のほとりに、ぞっとするほど美しい女性が立っていました。彼女のまわりを、おびただしい蛍が飛び交っているのです。わたしは声もなく女性を見ています。やがて乱舞する明滅の正体が、腑に落ちます。それは蛍ではありませんでした。

 一人の男を思い、千々に乱れる女の魂が、立ち尽くす身体から陽炎のように立ちのぼり、青白く明滅しながらさまよっていたのです。

 幻想の源は、和泉式部の一首です。

 

 物思えば沢の蛍もわが身よりあくがれいづる魂かとぞ見る

 

 物思えば・あなたのことをただただ思うと

 あくがれいづる・恋い焦がれ皮膚を突き破って出てくる (以上、極私的現代語訳)

 和泉式部といえば愛欲の歌人。小野小町はいいとこのお嬢さんのイメージですが、和泉式部はずばり、女。清少納言は乙女心を忘れないおばちゃん、そして紫式部は眼鏡の才女(平安期に眼鏡があったかどうかは別にして)、かな。「源氏物語」は冷徹な小説家の眼がなければ、とうてい書ける代物ではありません。

 とにもかくにも「日本詩人選8 和泉式部」(寺田透、筑摩書房・昭和46年初版)でその昔、高校生のわたしは和泉式部に恋をしました。ただこの歳になって思うのですが、和泉式部の激しさは男としてうれしくもあり、きっと怖くもありますね。

 この歌、「男に忘れられて侍りけるころ」、御手洗川のほとりに蛍が飛ぶのを見て詠んだという但し書きがあります。

f:id:ap14jt56:20190715211700j:plain

 その後わたしは、現代の和泉式部に出会いました。マルタ・アルゲリッチ。CDになっていますが、ショパンコンクールで優勝した時の彼女のピアノは「あくがれいづる魂」そのもの。美女で、激しく愛する、若い頃の生き様もぴったりです。

 あっ、ぜんぜん書評になっていませんね。「日本詩人選8 和泉式部」は、小難しくて書きづらいのです。このブログのタイトル、本を食するではなく、ことばを食するだから、これもありということで。

 苦しい言い訳をしつつ、今回は本より和泉式部を、そしてこの一首の熱さについて書きたかったのだと今ごろ気づきました。1000年も昔の女性だから、消えない自分の恋心をどう書こうと、こちらは胸を張ってだれにだって言い訳できるし。